お電話でのお問い合わせ

045-784-6900

特別養護老人ホーム

<特別養護老人ホームとは>

  • 01

    社会福祉法人や地方自治体などが運営する公的な介護施設

    通称「特養(とくよう)」と呼ばれており、入所施設のため24時間体制で看護・介護を受けることができるのが特徴となっています。長期入所が可能であったり、民間施設と比べて利用料が安い等のメリットがありますが、緊急性が高い人の入所が優先されるため、タイミングによっては待機期間が長くなってしまうこともあります。
    一般的に言われている、医療サービスが限定されており非常時の医療対応が難しいというデメリットがありますが、若草ホームでは病院と提携しているため、ご安心ください。

  • 02

    特別養護老人ホームの
    入所条件

    原則として、入居希望者が「要介護3」以上かつ、65歳以上であることが入所の条件です。 ただし、40歳~64歳で特定疾病が認められた要介護3以上の方や、要介護1や2の方でも認知症や知的障害、精神障害等を伴い、日常生活に支障をきたすような症状が頻繁に見られる場合には、特別に入所が認められることもあります。入所判定は、施設内において毎月1回開催します。

  • 03

    特別養護老人ホームの
    居室タイプ

    特別養護老人ホームの部屋は従来型個室・多床室・ユニット型個室・ユニット型準個室と大きく4種類あります。10人程度の生活単位ごとに共用スペースが併設されている個室を[ユニット型個室]
    居室が可動しない間仕切りなどで仕切られて完全な個室になっていないものを[ユニット型準個室]
    ユニットを構成しない個室を[従来型個室]
    定員2名以上の個室ではない居室を[多床室]といい、特別養護老人ホーム わかくさは多床室をメインとしております。

 

施設や周辺の様子

特別養護老人ホーム わかくさは金沢八景にある老人ホームで、緑の多い野鳥公園や海が近く、自然に恵まれています。
2020年7月から施設がリニューアルし、よりリフレッシュした気分で生活を営むことができます。

ご入居の流れ

01

入居申込書記入と必要書類収集

横浜市では特別養護老人ホームへのお申し込みは「入所申込受付センター」が一括して受付けています。施設への直接の申し込みはではありませんので、ご注意ください。

入居申込書(兼同意書)A面・B面をはじめ、介護保険証のコピーをそろえます。
横浜市HPもしくは各区役所福祉保健センター、各地域ケアプラザ、各特別養護老人ホームおよび健康福祉局高齢施設課等で配布している申込書にご記入の上、下記へご郵送ください。

【特別養護老人ホーム入所申込受付センター】
〒233-0002 港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー10階
Tel:045-840-5817
Fax:045-840-5816

02

入居審査

横浜市内の特別養護老人ホームでは、この申込書の記載内容を「横浜市特別養護老人ホーム入退所指針」に基づいて点数化し、入所の必要性の高い方から順に入所していただくことになっています。

03

入居決定

審査を通過したという連絡が来たら、入居予定日の調整を行ないます。
施設または自宅において、契約書や身元引受書、さらには重要事項説明書など多数の書類に関する説明を受け、署名および捺印をします。